今度こそ、野田総理が応える番です。

ブログ
2012年11月02日

国会が動き始めました。本会議での野田総理の所信表明演説、それに対する代表質問が行われ、各委員会で大臣から所信を聞き、質問が行われようとしています。しかし、予算委員会が開かれる前に、こうした展開になることは異例です。安倍総裁の審議には応じるという姿勢があり、総理の外遊中でも、必要な審議を行おうという、野党側の対応によるものです。与党の決められない政治をそのままにしておいては、徒に時間ばかりが経過するだけです。次は、こうした自民党をはじめとした野党側の対応に、民主党やその党首である野田総理は、誠実に応えるべきです。