2018年3月24日(土)

ブログ
2018年03月25日

日米再会記念碑での日米硫黄島戦没者合同慰霊追悼顕彰式と天山慰霊碑での硫黄島戦没者合同慰霊追悼顕彰式に出席。青い海に囲まれた硫黄島で、73年前に熾烈な戦いが行われ、双方で三万人近くの方が亡くなられた。島内の塹壕跡などを巡礼しましたが、今なお硫黄島には一万一千人を越える方々が眠っておられます。ご英霊に一日でも早くふるさとに戻って頂けるように硫黄島における遺骨収集に計画的に取り組む必要性を強く痛感しました。

2018年1月22日(月)

ブログ
2018年01月22日

本日通常国会が開会し、雪の降りしきる中ではありましたが、今年も和服を着て開会式に臨み、天皇陛下のお言葉を賜りました。より一層気持ちを引き締めて今国会に臨んで参ります。

2018年1月12日(金)

ブログ
2018年01月15日

本日1月12日(金)は日頃の警備の感謝を込めて代々木警察署武道始式に参加させていただきました。

地域の平和を守るみなさんの強い気持ちを目の前で感じた刺激的な時間でした。

2018年1月11日(木)

ブログ
2018年01月12日

「はたちの献血キャンペーン」が始まりました。近年は10代から30代の献血率が減っていて、若い世代の方々のご理解とご協力が必要です。キャッチフレーズは「誰かじゃない 自分が動く はたちの献血」。10代、20代はもちろんのこと、幅広い年代層に高い知名度と人気を誇る広瀬すずさんから、仲の良い友達や大切な恋人などと「一緒に行こう!」と呼びかけていただいています。

新年明けましておめでとうございます。

ブログ
2018年01月04日

新年明けましておめでとうございます。今日は、安倍総理に同行して伊勢神宮に参拝。天候にも恵まれ、参拝の方も大勢でした。本年も良い年になることを願うとともに、そうなるように頑張って参ります❗

2017年12月13,14日(水、木)

ブログ
2017年12月18日

13日(水)から14日(木)にかけて、各国の保健大臣・財務大臣を含め、約70か国から400人以上の参加を得て、UHCフォーラム2017を開催しました。UHCの達成に向けて日本が主導的な役割を果たしてきたことを紹介し、フォーラムが開会。閉会セッションではこのフォーラムで取りまとめられた「UHC東京宣言」の意義についてスピーチいたしました。また、世界保健機構(WHO)のテドロス事務局長や世界銀行のキム総裁、各国の保健大臣の方々らと会談し、国際保健の諸問題について意見交換を行いました。会議終了後にはこれらの方々をお招きした夕食会で親交を深め、UHCの推進に向けて、国際社会における機運を大いに高めることができた2日間でした。

※ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは

=「すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる」を意味し、すべての人が経済的な困難を伴うことなく保健医療サービスを享受することを目指しています。

2017年12月16日(土)

ブログ
2017年12月17日

拉致被害者の一日も早い救出に向けて、政府主催の国際シンポジウムを開催。圧力強化の先に見えるものー制裁の効果と今後の展開をテーマに、キンタナ国連北朝鮮人権状況特別報告者の基調講演や日本、米国、韓国の有識者によるパネルディスカッションを。多くの方に参加して頂きました。また、拉致啓発アニメ「めぐみ」を見て中高生が書かれた作文コンクールの表彰があり、最優秀賞の作品が読み上げられました。拉致問題に関心を持つことの重要性、また、身近なことへの気付きや困難を抱えている人に寄り添う気持ちが大事なことが述べられていて、感銘を受けました。

https://m.facebook.com/katsunobu.kato.7

2017年11月18日(土)

ブログ
2017年11月18日

「忘れるな拉致 県民集会」に出席するために新潟市に。横田めぐみさんが新潟で拉致されて40年、曽我ひとみさんがお母様のミヨシさんと拉致されて39年、横田早紀江さん、拓也さん、曽我ひとみさんらが訴えを。もはや一刻の猶予もないとの切迫感を共有し、全ての拉致害者の方々の一日も早い帰国の実現に全力で取り組むとの決意を新たに。

https://m.facebook.com/katsunobu.kato.7

2017年11月12日(日)

ブログ
2017年11月13日

中国からは、フェースブックへの投稿ができなかったので東京に到着してからの投稿に。第十回日中韓保健大臣会合では、感染症対策、ICTの活用、伝統医療などについて意見交換を。三国間の協力強化について合意。次回は日本がホストです。帰りは、北京まで高速鉄道で移動。見渡す限り平地の中の走行で、乗り心地は快適でした。